【書評】無敵の独学術 ひろゆき著

ビジネス本
無敵の独学術,ひろゆき

2ちゃんねるやニコニコ動画で有名なひろゆきさんの『無敵の独学術』を紹介します。
ひろゆきさん独自の観点で鋭く語る「独学術」。
読みやすく、面白くためになる本です。

この本はこんな方におすすめ!
  • 効率的な学び方を知りたい
  • 独学に必要なことを知りたい
  • ひろゆき信者
どら
どら

この記事はどらが書きました。

Kindle Unlimitedにサインアップして無料体験に登録する
Kindle Unlimitedに登録すると、人気のシリーズ、ベストセラー、名作などに好きなだけアクセスして、シームレスなデジタル読書体験を実現できます。

内容の紹介と感想

言わずと知れた、ひろゆき氏による学び方を学ぶ本。
相変わらずの独特の視点でのひろゆき節は炸裂で、やっぱり他の類似の本とは一味違って面白いです。

目次

  • 第0章 バカは独学禁止!
  • 第1章 ゴールをはっきりさせる
  • 第2章 モチベーションを上げる
  • 第3章 パクる
  • 第4章 力を伸ばす
  • 第5章 情報を集める
  • 第6章 効率をアップする

おすすめポイント

個人的本書のポイントは以下3点

  • ゴールを決める
  • モチベーションを上げる
  • パクる

ゴールを決める

独学ではゴールを決めることはとても大事。

学校の勉強では、先生などがゴールを設定してくれるけど独学では自らゴール設定をする必要がります。
そこで注意が必要なのが、「手段」がゴールとならないようにすること

資格を取る、プログラミング言語をマスターするなどは「手段」です。
資格を取って何がしたいか、プログラミング言語をマスターして何を実現したいのか?

ここにゴールを設定すべきなのです。

モチベーションを上げる

やる気が出なくて勉強が進まない。
そんな経験は誰にもあると思います。

そもそも「やる気」なんてものは存在しないんです。

「やる気」が出るからやる、のではなくて
やっているうちに止められなくなるんです。

なので、「やる気」が出ないと思ったら1分だけでいいから始めてみる
これが正解です。

やっているうちに乗ってきて止められなくなります。

パクる

「学ぶ」の語源は「真似る」からきたというように、学ぶということは真似る=パクるということを認識すべきです。
変にオリジナル性にこだわらずに、上手くいった人を真似る方が上手くいくのです。

上手く真似るにもコツがあり、一気に全部を真似しようとするのではなく、何か一つだけ真似るようにしたほうがいいようです。

スポンサーリンク

著者の紹介

ひろゆき(西村博之)

言わずと知れた、2ちゃんねるやニコニコ動画の管理人。
現在はYouTuberとして活動しながら多くの本を出版しています。

『1%の努力』『99%はバイアス』『これからを生きるための無敵の―お金の話』など

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した他にも、世間一般に知られていることをひろゆき流に伝えていることや、ひろゆき独自流の考え方などたくさん学ぶポイントがあります。

読みやすく、面白い本なので興味がある方は読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました