【書評】汝、星の如く 凪良ゆう著 

汝、星の如く 書評

2023年本屋大賞受賞作品。
他数々の賞を受賞しとにかく話題となりました。
普段ミステリ小説くらいしか、小説を読まない私ですがさすがに気になって手に取り、読む手が止まらなくなりました。

著:凪良ゆう
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

深い感情の交差する恋愛物語、そんな暁海と櫂の物語です。
それぞれが異なる形の問題を抱えた親を持つ彼らの物語は、瀬戸内海の小さな島というコミュニティの中で展開されます。
世間の目を気にしながら生きていく彼らは、いわゆるヤングケアラーと呼ばれる存在です。

暁海は親の世話をするために、その島から離れることができません。
一方、櫂は問題を抱えた親を島に残して、自分の夢を追うために島を出ます。
二人の間に生じる遠距離恋愛が、彼らの人生をさらに複雑なものにします。

彼らの人生は、それぞれが異なる道を選ぶことでさらに交差します。
櫂は成功から挫折へと向かいます。
一方、暁海は自身の葛藤を乗り越えて、少しずつ成功を手に入れるようになります。

親が足枷となり、自由に生きることができない状況。
想像できないかもしれませんが、現実にはそんな人々も存在します。
そしてその状況に陥ることなど、誰もが思いもよらないでしょう。
暁海もそうだったはずです。

この物語の描写の優れた点は、読者にデジャブのような感覚を与えるところ。

また、タイトルに込められたメッセージもにくいものです。

「汝」は二人称の代名詞。あなた、きみ、と同じような意味を持つ。
どちらかというと対等以下の相手に対して使う。
「星のごとく」は「綺羅、星の如し」からできた語。
きらきらと光り輝く無数の星。地位の高い人や明るいものが多く並ぶようすのたとえ。

この相反する2つの意味を掛け合わせて、櫂の暁海に対する思いを表しているのでしょうね。

続編の『星を編む』も読みたくなりますね。

著:凪良ゆう
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました